流星群

大型連休終盤のイベントはみずがめ座η(エータ)流星群
夜更かし(or早起き)の時間帯になってしまいますが、翌日に仕事や学校がない人は流星群に挑戦して、そのまま惑星の集合している様子を見て、日の出を見て、午前中は寝て過ごす…なんて贅沢な過ごし方をしてみてはいかがでしょうか?


みずがめ座η流星群
・極大=5月6日夜~7日夜明け (極大時6日22時ごろ※)
・予想出現数=1時間に5~10個前後?
・観測条件=○
・おすすめ観測時間=7日02時~夜明け)  
・出現期間=4月25日~5月10日
・放射点=東


「おすすめ観測時間」
今回のみずがめ座η流星群の放射点は深夜2時ごろにならないと東の空に昇ってこないため、観測時間は『夜中の02時頃~夜明けの04時・05時ぐらいまで』という短期決戦となります
※ 極大の時間が6日の22時となっていますが、日本ではまだその時間には見られないため観測は日付が変わってからにした方が良いです。

「観測条件」
月明かりの影響を全く受けないため観測条件は良いです
放射点が低いという理由で◎ではなく○評価にしています
南半球で見られる場合は放射点も高い状況で臨めるので、日本よりも2倍3倍多く見られるかもしれません☆
旅行中の方がいらっしゃいましたらぜひお見逃しなく


このみずがめ座η流星群はハレー彗星を母天体としていますが、実は10月のオリオン座流星群も同じくハレー彗星を母天体としています
オリオン座流星群はここ数年活発な出現を見せているので、このみずがめ座η流星群にも期待しちゃいましょう


これmixiのコピペですが(-_-;)

星ってきれいだからいいよねー。

何年か前に夜中に筑波山に見に行ったけど、普段見えない星まで見える。

あんなに星あったんだっておもったもん。

意外とロマンチストでしょ?笑

( -_-)フッ

たまには星でも見てゆっくりしたい時もあるんだよね(爆)

でも営業中はいそがしい方がいいからどんどんお客さん来てね♪
スポンサーサイト

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック